▲トップへ


愛媛県の不動産売却専門サイト < K-four >

松山市を中心に愛媛県全域対応可能!不動産(土地・戸建・マンション)を売却するならK-fourへ。

  • 0000503433.png
  • 0000503436.png
  • 0000503431.png
  • 0000503435.png
  • 0000503429.png
  • 0000503430.png
  • 0000503434.png
  • 0000503432.png
  • 0000504247.png

HOME ≫ ちゃんと計画たててる!?住替え・買替えポイント ≫

<< 住替え・買替えのコツ、ポイント >>

chapter 1 売却が先? 購入が先?

「住替え(=買替え)」は、『売却』と『購入』の両方を行うことになります。そして、その『売却』と『購入』のタイミングが重要です。
『売却』と『購入』をきっちり分けさえすれば、売却先行でも購入先行でもそんなに問題はありません。
問題が出るとすれば、『売却』と『購入』を同時進行で行う場合です。同時に行えるのがベストなのですが、なかなか難しいのが現実です(下記、メリット・デメリット参照)。

 

  売却先行タイプ 購入先行タイプ
概要 まずお住まいの売却を行ない、予算(資金計画)を確定させてから、新しい購入物件を探す方法です。売却資金を購入資金にあてることの出来る安心で確実な方法です。 はじめに購入物件を決めてから売却を行なう方法です。売却によって得た資金を使えないため、資金的に余裕のある場合には有効といえます。
メリット ・売却金額が決まり、購入資金にあてられる金額が確定するので、ご購入物件の資金計画が立てやすく、計画途中での資金ショートがなくなる。

・住替えを急ぐ理由がなければ、売却活動に時間的余裕ができ、安売りする必要がない。
・希望の条件にあった購入物件を、気長にじっくり探すことができる。

・仮住まいをする必要がなく、その出費や負担がない。
デメリット ・売却が決まった時点から住替え物件を探す(決める)ため、その時に気に入った物件があるとは限らない。

・基本的には売却後、購入物件に入居するまでの仮住まい(賃貸)をしなければならない。

・売却、購入のどちらかの契約が何らかの理由で流れてしまうと、もう片方の契約も頓挫してします可能性が高い。
・新しいお住まいの取得までに現在のお住まいを売却できない場合、ダブルローンになってしまうこともある。

・なかなか売却できない場合、どうしても売りあせって、安売りにつながる可能性がある。


 

chapter 2 住替え(=買替え)で大事なのは…!?

住替えの『売却』と『購入』を同時進行で行うのは、難しいというだけで出来ないわけではありません。
要は「想定されるデメリット」をお客様がしっかり理解・納得した上で、不動産会社の担当者とその回避方法を検討し、「住替えスケジュール」をしっかり立てさえすれば大丈夫です。
一番難しいのは「想定されるデメリット」や「住み替えスケジュール」はお客様の希望や現況によって全く変わってくるということです。この想定やスケジューリングをしっかりしていないと、後からこんなはずじゃなかった…、資金ショートして急きょ借入をしなければならなくなった…違約金を払うはめになった…等になりかねません。不動産売買では失敗は出来ませんよね。



 今、『売却』と『購入』の同時進行で住替えをお考えのお客様がいらっしゃるのであれば、しっかりと上記のことを説明してくれる不動産会社・担当者を選んでください。不動産の担当として知識や経験、管理能力が試されるまさに腕の見せ所ですね。私は事前の打ち合わせが全てだと思います。

 K-fourでは不動産売却のプロが対応致します。同時進行型の住替えであれば、事前に打ち合わせをしっかり行い、「住替えスケジュール」を作成し、説明・お渡ししています。
《便利ナビゲーション》

トップページへ

モバイルサイト

株式会社K-fourスマホサイトQRコード

株式会社K-fourモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

ラインQRコード 黒田のLineです♪ Lineでのお問い合わせもOK!

LINE登録方法はこちら(公式ページ)