▲トップへ


愛媛県の不動産売却専門サイト < K-four >

松山市を中心に愛媛県全域対応可能!不動産(土地・戸建・マンション)を売却するならK-fourへ。

  • 0000503433.png
  • 0000503436.png
  • 0000503431.png
  • 0000503435.png
  • 0000503429.png
  • 0000503430.png
  • 0000503434.png
  • 0000503432.png
  • 0000504247.png

HOME ≫ 離婚をする。離婚になったら。 ≫

<< 離婚をする。離婚に備える >>

離婚時は、財産分与や親権、今後のことなど様々な精神的な負担が大きいと思います。その中でも最も頭を悩ませる問題として夫婦が住んでいた自宅をどうするかではないでしょうか。

ここではそんな悩みを少しでも解消できるように解説していきたいと思います。

chapter 1 不動産の財産分与はどうなるの?

0000503703.jpg
離婚時には避けて通れない「財産分与」。

不動産も、自動車や家財、保険、年金等と同様に財産分与の対象になります。

自宅などの不動産の場合、住宅ローンが残っている場合も多いのではないでしょうか。もちろん、その住宅ローンも含めて財産分与の対象になります。

売却をした場合には、下記のようになります。

「売却金額」-「住宅ローン残額」=「財産分与」

この場合、住宅ローンの残額が多ければ「負の財産」を財産分与することになります。



chapter 2 売却せず自宅を保有するリスク
     (住宅ローンがある場合)

離婚をした、するからと言ってすぐ売却して住替えるのは大変なことです。実際、どちらかが出て行って、どちらか一方が住み続ける場合も多いと思います。

住宅ローンを抱えている場合には、当然リスクもあります。以下に一部参考例を掲載します。

0000503697.png
<パターン1> 夫が住み続ける(不動産と住宅ローンの名義は夫のまま)

この場合は特に問題はありません。通常の財産分与通り、不動産の時価からローン残高を引いた金額が、財産分与の対象となります。
0000503698.png
<パターン2> 妻が住み続ける(住宅ローンと不動産の名義を妻に変更する)

名義を実態に合わせて妻に変更する方法です。ですが、妻に住宅ローンを組むことが出来るだけの安定した収入がないと難しいです。
0000503698.png
<パターン3> 妻が住み続ける(住宅ローンと不動産の名義は夫のまま)

現実、最も多く選ばれているのではないでしょうか。
ただ、夫の住宅ローン支払いが滞れば、差し押さえをされる可能性がリスクとして残ります。


 

chapter 3 共有名義の場合は気を付けましょう!(実例紹介)

共有名義の場合は単独名義の場合よりもいろんな問題が発生しやすいといえます。

<これは実際に私が対応した一つの実例です。時系列でご説明していきます。但し、出てくる金額等は実際のものではありません。>

--------------------------------------------------------------------------------------
①土地、建物が夫婦の共有名義

②離婚して奥様が家を出て、ご主人が住み続ける
 (その際、名義はまだ共有のまま)

③数年後、ご主人は住宅ローンの支払いが出来なくなる。

④奥様も共有名義人のため、銀行からの返済の督促状が届く。

⑤奥様が数年ぶりにご主人に連絡をとり怒りをぶつける。

⑥奥様にも余裕がなかったため、銀行から差し押さえ(競売)をうける。

⑦この時点で弊社がご主人からどうしたら良いかの相談を受ける

⑧奥様に連絡をとり、売却の承諾を取り付ける(売却しても債務が残る旨も伝える)

⑨銀行に話をして競売は取り下げてもらい、出来るだけ高く売却

⑩売却金額(2,000万)よりもローン残額(2,500万)の方が多いため、残った500万円は今後、何とか支払える月々1万円ずつの分割払いということで話をまとめる。

⑪この月々1万円はご主人が払うことに。奥様にその旨を報告し、売却のお手伝いは完了。

--------------------------------------------------------------------------------------
~当該仲介を終えての感想~

上記のご夫婦の場合、売却をしたとしても奥様は残った500万円の連帯保証人の立場と同様になります。もし、今後月々1万円の支払いが滞れば、ご主人はもちろん、奥様も再度一括返済を求められることになります。すべてが本当に終わるのは500万円を返し切ったときなのです。
ご夫婦にはご納得の上、自己破産ではない道で不動産屋としてお手伝いさせて頂きました。
債務は確かに残りますが、ご主人も奥様もどうしたら良いか分からない不安な日々だったようで最後は少し落ち着いておられて私も少しほっとしました。ただ、複雑な気持ちですね。

ちなみに、ご主人の引越しのための費用は銀行と交渉を行い、売却の経費として認めてもらいました。

共有名義の場合、離婚時に片方の名義を抜くのはとても難しいことです。
さらには売却する場合、「ローンの一括返済」が原則ですので、売却時価が住宅ローン額を下回る場合には、差額を出せるだけの預貯金がなければ、売りたくても売れません。
[ローンの支払がきつい→預貯金がなく売れない→差し押さえ(競売)]
という悪循環になってしまいます。

計画的に住宅ローンは組まなければなりませんね。
また、離婚時は色々な面で精神的にしんどいと思いますが、出来るだけ早めにご相談下さい。「離婚する(考えている)ことになったんだけど家はどうしたら良いでしょうか?」と聞いて頂ければ大丈夫です。早めにご相談頂ければ、出来る対策も多くなります。

新生活をしっかり始めるためのお手伝いをさせて頂けると幸いです。

《便利ナビゲーション》

トップページへ

モバイルサイト

株式会社K-fourスマホサイトQRコード

株式会社K-fourモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

ラインQRコード 黒田のLineです♪ Lineでのお問い合わせもOK!

LINE登録方法はこちら(公式ページ)